ジャック・オ・ランタン
Jack-o'-Lantern

天国にも地獄にも行けなくなったジャックの哀れなストーリー

ハロウィン(Halloween)といえば、暗闇に不気味に光るオレンジ色のカボチャのちょうちん「ジャック・オ・ランタン(ジャックランタン/jack-o'-lantern)」が欠かせない。

大きめのカボチャの中身をくり抜き、目と口を切り抜いてつり目で不気味に笑う顔を作り、中にロウソクを置けば「ジャック・オ・ランタン」ができあがる。

ジャック・オ・ランタンの由来は?

「ジャック・オ・ランタン」の風習は、アイルランドに伝わる民間伝承が元になっているという。

怠け者だがズル賢い農夫のジャックは、十字架を使って悪魔を罠に仕掛け、自分を地獄に落とさないと約束するまで罠の中に閉じ込めた。悪魔はやむなく約束し、ジャックは死んでも地獄へ落ちない身となった。

天国にも地獄にも行けないジャックの魂は・・・

時が経ち、ジャックは亡くなった。魂となったジャックは天国へ向かったが、生前は怠け者でズルいことばかりしていたジャックは天国へ入ることを許されなかった。困ったジャックは仕方なく地獄へ入れてもらいにいったが、悪魔と昔交わした約束のせいで地獄にすら拒絶されてしまう。

天国へも地獄へも入れないジャックは、この世とあの世の境目に取り残されてしまった。そこは光がない真っ暗な世界。ジャックは悪魔から地獄の石炭のかけらをもらい、それをカブの中に入れてランタン(ちょうちん)代わりとし、一人あてもなく彷徨い歩くのだった。カブのランタンはアメリカでカボチャのランタンに置き換えられ、ハロウィンに欠かせないシンボルとして今日まで定着している。

ハロウィン特集トップへハロウィン特集へ