ハロウィンって何?

オバケのコスプレでトリック・オア・トリート!

ハロウィン(ハロウィーン)とは、アメリカやイギリスを中心に毎年10月31日に行われる伝統的な行事。

特に子供が毎年楽しみにしているイベントの一つで、各地で魔女やガイコツなどのお化けに仮装した子供達が近所の家にお菓子をねだるパレードがはじまる。

お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

お化けに扮した子供達は、近所の家の玄関で「トリック・オア・トリート(Trick or treat?)」のマジックワードを唱える。これは「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」という意味で、お化けの役になりきった子供達が大人にお菓子を堂々とねだれるハロウィンならではのイベントだ。

「トリック・オア・トリート」のページへ→

いつどこではじまった?なぜハロウィンというの?

 もともとはケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたもののようだ。ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたという。

10月31日は、カトリック教会でいう「諸聖人の日(万聖節)」の前晩(イブ)にあたる。この「諸聖人の日」は昔「All Hallows(オール・ハローズ)」と呼ばれていて、その前夜祭(イブ)を意味する「All Hallow's Eve(オール・ハローズ・イブ)」から転じて「Halloween(ハロウィーン)」と呼ばれるようになったようだ。

大きなカボチャのお化けは何?

 クリスマスシーズンにおけるツリーのように、ハロウィンにはカボチャのランタン(ちょうちん)が欠かせない。これは大きなカボチャの中身をくりぬいて中にロウソクを立てた提灯(ちょうちん)で、「ジャック・オ・ランタン」という名前まで付けられている。
「ジャック・オ・ランタン」のページヘ→

ハロウィンに定番のお菓子・レシピは?

 ハロウィンで子供達がパーティーなどで食べるお菓子の定番といえば、キャンディーアップル(リンゴ飴)にキャンディーコーンが代表的だ。ハロウィンはもともと秋の収穫祭に深く関係するお祭りということもあって、これらのお菓子も収穫を象徴するリンゴやトウモロコシ(コーン)をかたどったものになっている。

「キャンディーアップル(リンゴ飴)」のページへ→

「キャンディーコーン」のページへ→

この他にもハロウィンにつきもののカボチャを使ったケーキやパイなどもアリのようだ。和風料理でもおなじみのカボチャだが、ハロウィンシーズンにはカボチャのスープやプリンなどの洋風レシピにも挑戦してみると雰囲気が出て面白いかも知れない。

ハロウィン特集トップへハロウィン特集へ