レットイットスノー Let It Snow

クリスマスソング/作詞:Sammy Cahn 作曲:Jule Styne

『レット・イット・スノー(Let It Snow)』は、1945年にアメリカでリリースされたポップス。翌年のビルボードチャートでは1位を記録している。

作詞はサミュエル・カーン(Sammy Cahn/1913–1993)、作曲はジュール・スタイン(Jule Styne/1905–1994)。

様々なアーティストがカバーしており、CMではビング・クロスビー(Bing Crosby)版が使用されている。

他にも、映画「ダイ・ハード」エンディングで使われたヴォーン・モンロー(Vaughn Monroe)版や、フランク・シナトラ(Frank Sinatra)版などが定番で有名。

歌詞はどんな内容?

歌詞の内容は、雪が降り続く中、男女が暖炉のある室内で時を過ごしている様子が描かれている。

まだ二人は夜になってお別れを言う関係が続いているのを若干もどかしく感じている女性の視点が見え隠れする。特にクリスマスに直接関連した歌詞はないが、クリスマスシーズンの曲として広く親しまれている。

ちなみに、ブルース・ウィリス(Bruce Willis)主演のアクション映画『ダイハード(Die Hard)』では、この『レット・イット・スノー(Let It Snow)』が繰り返し用いられている(映画の舞台はロサンゼルスの超高層ビルでのクリスマス・パーティー)。

海外ドラマ「グリー glee」キャストによる『Let It Snow』

女性ジャズピアニスト ダイアナ・クラール『Let It Snow』

【試聴】レットイットスノー Let It Snow

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!