I Wish It Could Be Christmas Everyday
クリスマス・エヴリデイ

クリスマスソング/もしも毎日がクリスマスだったら・・・!

『I Wish It Could Be Christmas Everyday』(クリスマス・エヴリデイ/もしも毎日がクリスマスだったら)は、1973年にデビューしたイギリスのロック・バンド「ウィザード(Wizzard)」による同年のクリスマスソング。

リリース後もイギリス国内で度々リバイバルヒットを繰り返し、定番クリスマスソングの一つとして世界的にも有名になった。

ボーカルはロイ・ウッド(Roy Wood)

「ウィザード(Wizzard)」メインヴォーカルのロイ・ウッド(Roy Wood/1946-)は、以前は「Electric Light Orchestra(エレクトリック・ライト・オーケストラ/ELO)」に所属していた。

ロイはセカンドアルバム録音中にELOを脱退し、1973年にソロと並行する形で「ウィザード(Wizzard)」を立ち上げた。

ロイ・ウッドの古巣 ELOとは?

ベリー・ベスト・オブ・ELO

ELOは、1970年代のアメリカで最も多くの(ビルボード40位以内の)ヒット曲を持つことでギネスにも登録されている伝説のバンド。

「ロックとクラシックの融合」を目ざし、全盛期には「世界、最小で最高のオーケストラ」と称賛された。

国内のミュージシャンにも影響を与え、奥田民生(元ユニコーン)のELO好きは有名である。ユニコーンやパフィーの楽曲には、その影響を強く感じる楽曲が幾つか存在する。

ウィザード I Wish It Could Be Christmas Everyday

サラ・ブライトマン I Wish It Could Be Christmas Every Day

クリスマスアルバム「A Winter Symphony」より

【試聴】サラ・ブライトマン版 I Wish It Could Be Christmas Everyday

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!