Away in a manger かいばのおけで

クリスマスキャロル/飼い葉の桶で寝ている 優しい顔のイエス様

『飼い葉の桶で(かいばのおけで) Away in a manger』は、キリストの降誕(こうたん)を題材にした賛美歌。

タイトル表記は、「まぶねの中で」、「神の御子イエス」など様々見られる。

主なメロディは2種類 マレイ版が有名

『Away in a manger』の初出は1885年。ルター派の日曜学校(Sunday School)で用いる教科書の中で最初に登場した。作曲者は、ジェームズ・マレイ(James R. Murray/1841–1905)。

その後、フィラデルフィア出身の音楽家ウィリアム・カークパトリック(William J. Kirkpatrick/1838-1921)によって、ミュージカル「Around the World with Christmas」向けの曲「Cradle Song(クレイドル・ソング」として、別のメロディがつけられた。

日本やアメリカで有名なのは、前者のマレイ版。後者のカークパトリック版は、主にイギリスでよく歌われているほか、イギリスやアイルランドに馴染みの深いアーティストによって収録されることが多い。

飼い葉とは?キリストとの関係は?

「飼い葉(かいば)」とは、牛や馬などに与えるエサ用の牧草・干し草・わらのこと。ルカ福音書によれば、キリスト降誕の際、宿屋が混んでいたために通常の寝室には泊まれず、イエスを飼い葉桶に寝かせたとされている。こうして、「飼い葉」はイエス・キリストの降誕(誕生)を祝う記念日であるクリスマスには欠かせないテーマの一つとなっている。

『神の御子イエス Away in a manger』

家族みんなで楽しめるアルバム「ディズニーファミリークリスマス」より

【試聴】飼い葉の桶で(かいばのおけで) マレイ版

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!