Carol of the Bells
キャロル・オブ・ザ・ベル

聞け鐘の音を 快い銀の鐘を 語りかけてくる 不安は消え去ると

『Carol of the Bells(キャロル・オブ・ザ・ベル)』は、ウクライナの司祭 Mykola Leontovych(1877-1921) が作曲したクリスマス向けのコーラス曲。

ウクライナに古くから伝わる新年の歌唱のメロディーがモチーフとなっているという。

国立キエフ大学(ウクライナ)の生徒らによって1916年に初演され、その後ウクライナの国立合唱団が西欧・アメリカなどに歌い広めていった。

ちなみに、近年では1990年公開のアメリカ映画『ホーム・アローン(Home Alone)』で挿入歌として用いられている。

少年合唱団リベラ Carol of the Bells

美しいボーイソプラノが堪能できる少年合唱団リベラによるクリスマスアルバム「Libera: The Christmas Album」より

ケルティック・ウーマン Carol of the Bells

クリスマスアルバム「Holidays & Hits: Christmas Celebration / The Greatest Journey」より

【試聴】ケルティック・ウーマン Carol of the Bells

【試聴】Carol of the bells - Christmas song

<歌詞・日本語訳(意訳)>

今聴きたいクリスマス・ソング・ベスト100 今聴きたいクリスマス・ソング・ベスト100

Hark how the bells, sweet silver bells
all seem to say, throw cares away

聞け鐘の音を 快い銀の鐘を
語りかけてくる 不安は消え去ると

Christmas is here, bringing good cheer
to young and old, meek and the bold

クリスマスは来た みな陽気な気分で
老いも若きも いくじなしも勇敢な者も

Ding dong ding dong, that is their song
with joyful ring, all caroling

ディンドン ディンドン 彼らの歌が響く
喜びに満ちて キャロルを口ずさむ

One seems to hear, words of good cheer
from everywhere, filling the air

聞こえてくる 陽気な声が
至る所から 満ちあふれて

Oh how they pound, raising the sound
o'er hill and dale, telling their tale

鳴り響いている 声高らかに
丘を越え 谷を越え 物語を囁きながら

クリスマス・セレブレーション

Gaily they ring, while people sing
songs of good cheer, Christmas is here

陽気な鐘の音に 人々は歌う
歓呼の歌を クリスマスは来た

Merry, merry, merry, Merry Christmas
Merry, merry, merry, Merry Christmas

メリークリスマス メリークリスマス

On on they send, on without end
their joyful tone, to every home

鳴り続ける 終わることなく
喜びの音を すべての家々に

Ding dong ding dong... dong!

ディンドン ディンドン ドン

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!