The First Noel まきびとひつじを

クリスマスキャロル/喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ

『The First Noel/牧人 羊を(まきびとひつじを)/ファースト・ノエル』は16世紀頃から存在するイギリスのクリスマスキャロル。

このキャロルで歌われているシーンは、新約聖書の一つであるルカの福音書の第2章に見ることができる。羊飼い達が羊の群れの番をしていたその夜に、空から神の使いが現れるシーンが描かれている。

ホイットニー・ヒューストン The First Nöel

クリスマスアルバム「One Wish (The Holiday Album)」より

マライア・キャリー The First Noel

クリスマスアルバム「メリー・クリスマス Ⅱ ユー」より

【試聴】まきびと ひつじを The First Noel

<日本語歌詞>

まきびとひつじを 守れるそのよい
たえなるみ歌は 天(あめ)よりひびきぬ
喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ

仰げばみ空に きらめく明星(あかぼし)
よるひるさやかに 輝きわたれり
喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ

その星しるべに みたりの博士ら
メシヤを尋ねて はるばる旅しぬ
喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ

くすしき光の 導くまにまに
博士はまぶねの 主イエスにまみえぬ
喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!

ルカによる福音書 第2章 第6節~第16節

 ところが、彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて、初子を産み、布にくるんで、飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。

 さて、この地方で羊飼たちが夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた。すると主の御使(みつかい)が現れ、主の栄光が彼らをめぐり照らしたので、彼らは非常に恐れた。

 御使(みつかい)は言った、「恐れるな、見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。 きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストである。

 あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである」。

 するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、御使と一緒になって神をさんびして言った、 「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。

 御使たちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼たちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主がお知らせ下さったその出来事を見てこようではないか」と、互いに語り合った。 そして急いで行って、マリヤとヨセフ、また飼葉おけに寝かしてある幼な子を捜しあてた。

<引用元:ルカによる福音書 第2章 第6節~第16節 by M.Kato>