聖ボニファティウスとクリスマスツリー

ボニファティウスがオークを切り倒すと奇跡のモミの木が生まれた

聖ボニファティウス(Bonifatius/672-754)は、8世紀のヨーロッパでゲルマニアへ赴きキリスト教の布教に努めた宣教師。「Boniface」のつづりでボニファス、ボニフェイスとも呼ばれる。

ボニファティウスが切り倒したとされる「オーディンの樫の木」または「トールのオーク(ドナーのオーク)」があったドイツ・ヘッセン州北部のフリッツラー(Fritzlar)には、現在フリッツラー司教座聖堂が建立されている。

現在のフリッツラー司教座聖堂(出典:wikipedia)

ボニファティウスが切り倒したオークのそばから生えてきたモミの木は「奇跡の木」と呼ばれ、ゲルマニアにおけるキリスト教の布教に大きな役割を果たしていった。

クリスマスツリーにモミの木が使われる由来・ルーツとして、このボニファティウスの伝説のモミの木が言及されることがあるようだ。

横から見たボニファティウスの銅像(出典:wikipedia)

関連ページ

オーディンの樫の木
北欧神話の主神オーディンの神木として祭られていた樫の木
トールのオーク(ドナーのオーク)
オークを切り倒した宣教師ボニファティウスの伝説
北欧神話とクリスマス
主神オーディンや雷神トールなどクリスマスとの関連まとめ
クリスマスのお話・面白トピックス
クリスマスやサンタクロース、トナカイなどに関連する面白トピックス
クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!
クリスマスシーズンによく耳にする有名なクリスマスソング