国際サンタクロース協会とは?

グリーンランド(デンマーク)/クリスマス関連トピックス

北極海と北大西洋の間に位置する世界最大の島グリーンランド(デンマーク自治領)では、400歳を超える長老サンタクロースがグリーンランドに住んでいるとの主張に基づき、「グリーンランド国際サンタクロース協会」が1957年に設立されている(運営団体は不明)。

同協会では、世界各国に支部を置き、独自の「公認サンタクロース」を認定することで、グリーンランドが組織的に世界のサンタクロースを統括しているかのような活動を展開している。

日本にも協会公認サンタクロースが存在

中日スポーツによれば、全世界でこの協会が認定した「公認サンタクロース」は、2008年時点で12か国約120人にものぼっているという。日本の公認サンタクロースは、音楽ユニット「東京パノラママンボボーイズ」のパラダイス山元。

上画像中央がパラダイス山元氏(公式サイトより)。まわりのサンタクロースも協会公認。中日スポーツ記者によるインタビュー記事によれば、山元はデンマークの首都コペンハーゲンでサンタクロース認定試験を受けたという。

公認サンタクロースは小児病棟や福祉施設を毎年30件くらい訪問するそうで、毎年7月にデンマークで世界サンタクロース会議も開催されるようだ。

サンタクロース協会なんて本当にあるの?

なお、「グリーンランド国際サンタクロース協会」なる団体が本当に法律上有効に存在しているのか、誰が設立しどのような組織で運営されているのかはまったく不明。

英語圏のサイトで裏付けを試みたが、同団体の素性に関する情報に巡り合うことができなかった。正直言って若干の胡散臭さは否めないが、おそらくは何らかのNPO(非営利団体)の一種なのではないかと推測される。今後の情報公開に期待したい。

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!