ノルウェーのサンタクロース

クリスマス関連トピックス/ニッセ(nisse)

一般的にサンタクロースと言えば、赤と白のクリスマスカラーに身を包み白いひげをたくわえた小太りの老人の姿を思い浮かべるが、ノルウェーのサンタクロースはこのイメージとはちょっと違っている。

ノルウェーのサンタクロースは、ニッセ(nisse)と呼ばれる小柄な妖精。アメリカのサンタクロースよりも歴史が古く、また歴史的な由来についても異なることから、これを「サンタクロース」と呼んでいいのかどうか疑問がないわけではないが、クリスマスシーズンに欠かせないキャラクターとして、いわゆるサンタクロースと肩を並べる存在であることは間違いないだろう。

土地や建物の守り神ニッセ

ニッセ(nisse)の典型的な姿としては、一般的なサンタ帽とよく似たクリスマスカラーの赤と白の帽子をかぶり、白いあごひげを生やした小人として描かれ、ノルウェーセーター(ノルディック・セーター)にひざ丈の半ズボンを履いていることが多い。

アメリカや日本のサンタクロースとは異なり、個体数の多い妖精なので、ひげのない若い男の子や女の子、中年のおじさんおばさん、白いひげのおじいさんなど、様々なニッセが存在するようだ。

ニッセは普段、屋根裏や納屋に住んでいるとされ、ときにはいたずらもするが、土地や建物を守ってくれる守り神として、ノルウェーでは今でもニッセを大事にする習慣が残されている。

クリスマスイブにプレゼントも

クリスマスイブの夜には、特に「ユーレ・ニッセ(クリスマスのニッセ)」と呼ばれるニッセが子供たちにクリスマスプレゼントを持ってきてくれるという。この辺が、ニッセが「ノルウェーのサンタクロース」として扱われる大きな理由の一つなのだろう。

ノルウェーのクリスマスイブでは、ユーレ・ニッセのために、各家庭のドアの前には一杯のおかゆを用意する習慣が今でも残されている。家庭の食事でも同じお粥が出されるのだが、ニッセにもお粥を上げないと後でいたずらされてしまうと考えられているようだ。

ノルウェーのサンタクロース村 ドローバック

ノルウェーの首都オスロ近郊、ムンクの有名な絵画「叫び」の舞台にも描かれている有名なオスロフィヨルド沿いの小さな港町ドローバック(Drøbak)には、「ノルウェーのサンタクロース村」とも言うべき小さなクリスマス村が存在する。

「ノルウェーのサンタクロース村」とは言ってもディズニーランドのような賑やかで大規模なアミューズメント施設ではなく、小さな町にクリスマス関連のショップが静かに立ち並ぶこじんまりとした「クリスマスの町」といった雰囲気だ。

町の標識には「ニッセの飛び出し注意!」の交通標識が建てられ、サンタクロース(ニッセ)宛ての手紙が届く郵便局もあり、毎年20万通以上の手紙が届けられるという。

ノルウェーから公認された広尾サンタランド

北海道広尾町の「広尾サンタランド」は、日本で唯一の「サンタランド」として、ノルウェー・オスロ市から公式に認定されたサンタクロース関連施設(事業)。

本場ノルウェーのサンタランドと同じく「愛と平和、感謝と奉仕」の基本理念の下に、大丸山森林公園を中心とした「サンタランド」の整備やサンタメール事業などを展開している。

フィンランドのサンタクロース村やスウェーデンのサンタワールドに比べれば規模は小さいが、ノルウェーのクリスマスやサンタクロースの精神を受け継ぐ日本のサンタ関連施設として、今後の発展を期待したいところだ。

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!