トナカイ達の名前の意味と由来は?
Santa Claus's reindeer

クリスマス関連トピックス

サンタクロースとともにクリスマスプレゼントを運ぶ8頭のトナカイ達。一般的なイラストでは、これらのトナカイ達が描き分けられることはあまりないが、彼ら・彼女らには個別にちゃんと名前がついている。

トナカイの列の先頭から2頭ずつ紹介すると、 Dasher(ダッシャ-)と Dancer(ダンサー)、 Prancer(プランサー)と Vixen(ヴィクセン)、Comet(コメット)と Cupid(キューピッド)、そして Donder(ドンダ-)とBlitzen(ブリッツェン)となる。

トナカイたちの名前は、クリスマスソング『赤鼻のトナカイ』の冒頭でも歌われているので、日本でも比較的知名度は高いと思われる。

名前の由来は?

8頭のトナカイ達の名前の由来は、1823年にアメリカの新聞上で発表されたクリスマス向けの詩「A Visit from St. Nicholas」がルーツとされている。

この詩の中で、サンタクロースは8頭のトナカイ達の名前を「ダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、コメット、キューピッド、ドナー、ブリッツェン」と1頭ずつ呼び、クリスマスプレゼントを届ける家の屋根に駆け上がるように駆り立てている。

名前の意味や特徴は?

トナカイ達の名前の意味や性格・特徴などについては明示的に説明されていないようだが、使われている英単語の意味を訳していくことで、ある程度のイメージをつかむことはできそうだ。

まずはDasher(ダッシャ-)、Dancer(ダンサー)、 Prancer(プランサー)の3頭から。dash(ダッシュ)は「突進する、急ぐ」、dance(ダンス)は「踊る、跳ね回る」、prance(プランス)は「踊り跳ねる、威勢よく進む」といった意味があり、これら3頭は若く元気で力強いトナカイのイメージが感じられる。

次にVixen(ヴィクセン)については、英語で「メスのキツネ、口やかましい女」といった意味がある。おしゃべりで気の強そうなメスのトナカイなのだろうか。

Comet(コメット)は英語で「彗星、ほうき星」の意味。サンタクロースとともに空を舞うトナカイの幻想的なイメージを持った、クールでスマートなトナカイなのかもしれない。

Cupid(キューピッド)は、翼の生えた裸の美少年が弓矢を持った姿で描かれるギリシャの恋の神。ハンサムで魅力的なトナカイに違いない。

そして最後にDonder(ドンダ-)とBlitzen(ブリッツェン)だが、Donner and Blitzenとも表記されるこれら2頭は、ドイツ語で「雷鳴と稲妻」の意味。

英語では「thunder and lightning」となるだろう。雷のように疾走する俊敏で勇猛なトナカイのイメージだろうか。北欧神話の雷神トールに由来するとも考えられる。

赤鼻のルドルフはどこ?

クリスマスソング『赤鼻のトナカイ』で有名なトナカイのルドルフの名前が一度も出てきていないが、ルドルフが考案されたのは1938年のこと。

ルドルフ誕生秘話については、こちらの解説ページ「ルドルフ 赤鼻のトナカイ誕生秘話(実話)」を参照されたい。

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!