スウェーデンのサンタクロースは
サンタワールドに定住してる?

サンタワールド/クリスマス関連トピックス

スウェーデンのサンタクロースと言えば、ダーラナ県(Dalarnas län)モーラ市郊外にある観光施設「サンタワールド」が思い出される。

スウェーデン北部には、トナカイが生息しサンタクロースが住むとされるラップランドが広がっているが、サンタワールドが位置しているのはラップランドから南へ外れたスウェーデン中部の一地方。

サンタワールドの近くには、3億7700万年に隕石が衝突して出来たクレーター湖のシリヤン湖(Siljan)があり、モーラ市は湖畔の町では最も栄えている。県南東部のボーレンゲはスキー場として国内のスキー客が大勢訪れる。

付近は雪に覆われ原始的な風景が広がり、林業が主要な産業として経済を支えている。スウェーデンのお土産品として有名な木彫りの馬ダーラヘスト(ダーラナホース)はダーラナ地方の伝統工芸品。

写真:巨大なダーラヘスト(ダーラナホース)の像

世界初 「サンタクロースが定住する地」

サンタワールドは1984年に建設され、世界初の「サンタクロースが定住する地」として全世界に高らかに宣言された。園内にはサンタクロースの家やおもちゃ工場、学校などがあり、子供たちに配るクリスマスプレゼントもサンタワールドで作られているという夢のある演出がなされている。

サンタワールド・ジャパン http://santaworld.jp/santa/

なお、サンタワールドではサンタクロースから手紙を貰える「サンタからの手紙」サービスが提供されている。スウェーデンのサンタクロースから手紙が欲しい!という方は、このサービスを利用してみるとよいかもしれない。サンタへのお返事も書けるようだ。

最北部の県ではサンタ運動会も

スウェーデン最北部に位置するノールボッテン県は、サンタクロースが住む地域として言及されることがあるラップランドに含まれる地域。下図の青い部分がラップランド、左端のノルウェー南部と隣接している国がスウェーデン。

ノールボッテン県の北部の小さな都市イェリヴァーレ(イェリバレ/Gällivare)では、「今年一番のサンタクロース」を決定する町おこしの競技イベント「サンタ・ウインターゲーム Santa Winter Games」が毎年開催されている。

場所が場所だけに、さらに参加資格が「サンタクロース」ということもあって、参加人数は10名前後と多くはないが、そりレースやトナカイ乗り、カラオケなど、「サンタ運動会」とも言えるユニークな競技が繰り広げられ、会場には数百名の見物客が集まるという。

クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!